院長ブログ」カテゴリーアーカイブ

インビザライン

7月にインビザライン(マウスピース矯正)のセミナーを受講しました。1度の型どりで数ステップ先のマウスピースを1度に作るシステムは他社のマウスピースを使っていた私にとっては衝撃でした。

人数限定で大幅割引キャンペーンをしていますので、気になる方は無料矯正相談の予約を電話にてお待ち申し上げます。TEL044-922-8241

舌側矯正セミナー4回目

今日は第4回目でした。

実習や細かな作業が多くて、今まで参加したセミナーの中でも、相当キツくて疲れました。

しかしだいぶ鍛えられましたので、技術が向上した実感があります。

近いうちに舌側矯正を始めたいと思います。

やはり矯正中の審美性もとても大事だと思います。

恐らく治療中の見た目が嫌で矯正に踏み込めない方も多いのではないでしょうか?

患者様の希望を叶えたいと思います。

日々勉強です。

 

スタディクラブ昭和

火曜日に勉強会に参加しました。

三好先生のインプラントと咬合の話はとても興味深いものでした。

咬合は色々な理論があり分かりずらいので今はいいかなと思いましたが、将来的には深く勉強したいと思いました。

確実な虫歯治療の重要性

歯の寿命を長くするには、神経を取り除く治療にならないようにすることです。

その為に特に重要なのは1回目のむし歯治療を取り残しなく、確実に行う事です。

当たり前の事ですが、出来ていない事が多いと思います。

他院で詰めた詰め物を取ると、下が大きなむし歯になっている事が多いです。

元々のむし歯は大きくなくてもむし歯が残ったまま詰めると、知らないうちに神経までむし歯が行っている場合が多いです。

当院ではその様な事がないよう、う蝕検知液を用いて徹底的にむし歯を取るようにしていますので安心してください。

 

僕の理想像

僕が卒業して歯科医師になった時、それは歯医者じゃなくて破壊者じゃないか。という冗談が流行っていました。知り合いの幼なじみが歯医者で今は総入れ歯になっていると言う話も聞きました。過剰な治療によって歯が破壊されて、歯がどんどんなくなってしまう話は当時は当たり前のようにあった話です。その様な経験からこれからの歯医者は治療をするのではなく口の中の健康を管理して長く自分の歯で食べられる様にする事だと思う様になりました。

定期検診だけをして、むし歯の治療は一切しないのが、僕の理想です。なかなかそうはいかないですが!

舌側矯正セミナー

舌側矯正セミナーも3回目になりました。

今回はほとんど実習でワイヤー曲げ、結紮、ゴムの取り付けなどに終始しました。

大変でしたが身になるセミナーでした。

後2回も頑張りたいと思います。

 

 

 

プレオルソについて

現在マウスピースを使った既製品はマイオブレースシリーズを主に使っていますが、今回他社のプレオルソのセミナーを受講しました。大まかには似ているのですか、筋機能療法のやり方の違いや調整間隔やポーターや部分矯正の併用などいろいろ勉強になりました。

患者様のためにより良い治療を提供していきたいです。

プレオルソマウスピース矯正セミナー

7月22日(日)にマウスピース矯正のセミナーに参加しました。

同じ様に見えるマウスピースでもコンセプトの違いがあり運用の仕方もマイオブレースに比べて大分違うと思いました。

プレオルソはより患者さんが使いやすい形態や性状をしているので、こどもに受け入れやすいと感じました。

今後こちらのマウスピースも使っていきたいと思います。