定期検診時の虫歯について

定期検診に定期的に来院しているにもかかわらず、大きなむし歯が見つかる場合があります。

多くの場合は金属の詰め物やかぶせものの下にできたむし歯です。

レントゲン撮影をしても金属はレントゲンを透過しませんし、金属の周りはアーチファクトといって、むし歯のように黒く写りがちで、正確な状態が反映されにくくなります。

そのためまれに定期検診に定期的に通っているにもかかわらず、大きなむし歯が見つかり神経の処置になったり抜歯になったりします。

抜歯になるケースは元々大きなかぶせものがしてあったり、歯茎の中までむし歯になっているケースです。

まれではありますが、そのようなケースがあることをご理解ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です