医院理念

登戸こども&おとな歯科 院長あいさつ

院長 青柳 潔 当歯科医院は子供からお年寄りまで口の中に関する様々な治療をしております。
その中でも審美歯科とインプラント、小児矯正には力を入れておりますので、よろしくお願いいたします。

また、治療後のアフターケアにも力を入れております。
定期検診による、早期の虫歯や、異常の発見を発見したり、歯のクリーニングや歯槽膿漏の治療を定期的に行うことで、高齢になっても、自分の歯で食事が出来るように手助けしていきたいと考えております。
不幸にして歯を抜歯しなくてはならなくなっても、入れ歯やブリッジだけではなく、自分の歯と同じように使えるインプラント(人工歯根)もありますので詳しくはお問い合わせ下さい。

院長 青柳 潔

開業13年目を迎え青柳院長に聞く

Question
青柳先生は、登戸で開業されて13年目をお迎えになったとのことですが、どのような理由で登戸で開業されたのでしょう。
青柳
私の実家は横浜市内で内科医院をやっていましたし、兄も横浜市内で歯科医院を開業しています。ですからやはり横浜の隣の川崎で開業することに安心感があったからです。自分の育った地域の傍ですから患者さんの感覚もわかりますし、出身大学も近くですから、大学との連携も採りやすいですからね。勤務医時代も実家の近くの医院に勤めていました。
Question
開業した当時の根年齢と具体的に登戸を開業地に選ばれた理由を教えてください。
青柳
13年前なので34才ですね。先ほどもお話ししましたが、実家から遠くないということ、小田急と南武線が交差しており、様々な患者層の方に来院してもらえることと、これからまだまだ開発が進み、副院長の妻の専門である子供の患者さんがこれからも増える地域と考えて登戸を選びました。
Question
現在は全体の7割がお子様の患者さんとのことですが、予想通りですね。
青柳
実は開業当初はそこまで多くはなく、大人の方が多かったですね。小児のドクターを多く入れたことや、小児歯科専門医の妻の頑張りが大きいですね(笑い)
Question
こども&おとな歯科医院というネーミングは、当時としてはユニークですが、どういった発想でつけられたのですか?
青柳
妻が小児歯科専門医ということが大きいですね。こどもを主体にしている歯科医院って当時あまりなかったので、それを強みにしたいという意味と地域のファミリー層の方に来院していただき、地域医療に貢献したいとの思いを込めて命名しました。
Question
とても良いネーミングで1度聞いたら忘れないですよね。また医院のロゴマークとのマッチイングも素晴らしいですね。何か優しい歯科医院というイメージを醸し出しています。ところで、青柳院長はこの数年は、個室診療室を増設されたり、CTを導入したりと設備も充実されています。また、口腔インプラント学会の研修も終えられて、現在は阿部二郎先生のデンチャーを導入されています。最近は、インプラントや入れ歯を必要とする患者さんが増えているのですか?
青柳
どうなのでしょう。高齢者の方はどうしても欠損補綴(インプラントや入れ歯の治療)が必要になり、難しい治療になる場合も多く、正確な診断と精密な治療を求められますから、設備投資は必要です。当然、生涯勉強をして、難しい治療をクリアしていきたいですね。そんな時に、歯科医師としての遣り甲斐を感じますし、患者さんの喜ぶ顔を見ると勉強のしがいがあります。
Question
青柳先生が主に成人の欠損補綴を担当して、小児矯正や口腔筋トレーニングのT4Kは、副院長の奥様の陽子先生がやられているのでしょうか?歯科医師も多く在席していますが。
青柳
そうですね。成人担当は私以外に1人で、小児担当は4人ですね。子供の矯正に関しては主に妻がやっております。
Question
1次矯正が終わって2次矯正に移行する方の割合をどれくらいですか?
青柳
2次矯正に進む方は6割~7割位でしょうか。1次矯正をした方は、顎の成長を促しているので抜歯が必要な矯正は少なくなると思いますね。
Question
最近は口輪筋をトレーングして、口の周りの筋肉の発育を促しきれいな歯並びを促すT4Kのトレーニングも取り入れていますが、どのような形で行うのでしょうか?
青柳
医院で、1対1でT4Kのやり方を指導した後、主に自宅で訓練していただくというかたちですね。まだ多くの患者さんを診ていませんが、効果はでてきています。
Question
開業した当初と現在で患者さんの口腔内環境や来院動機に変化はございますか。
青柳
初診の患者さんのイメージとしては、あまり変わっていない感じですね。定期的にいらしてくれている方は綺麗になられました。やはり年齢に関係なくメンテナンスは大切です。開業当初は看板を見てという方が多かったのですが、最近は紹介で来院される方が多く、医院が評価されだしたと思うと嬉しいですね。
Question
最後に今後の診療方針を教えてください。
青柳
同じフロアに整形外科もあり高齢の患者さんも多いですから、入れ歯の治療にも今まで以上に力を入れていきたいですね。それと小児部門では、子供の口からむし歯を無くすことときれいな歯並びの子供を増やしていきたいですね。