歯周病治療

歯周病について

歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)や歯石の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯肉の境目についた歯垢や歯石から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していき、最悪の場合、歯が抜けてしまいます。

日本人の成人の80%がかかっているといわれる歯周病。進行した歯周病は口臭の原因になるばかりでなく、出血や歯のグラグラの原因になります。そして最後は抜歯へと至る怖い病気です。特に歯石の表面にはバイ菌がべっとり。まずは歯石の除去から始めましょう。
環境が整えば、失ってしまった骨を再生させることも可能です。ぜひご相談ください。

歯周病の進行過程

正常な場合歯周炎軽度歯周病
歯周ポケットは1~2㎜ 歯周ポケットは2~3㎜ 歯周ポケットは3~4㎜
中度歯周病重度歯周病歯周病末期
歯周ポケットは5~6㎜ 歯周ポケットは6㎜以上 自然に抜けてしまいます

危険信号は?

  • 毎日の歯磨きで出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯肉が何となくゆるんでいる感じがしたりする
  • 口臭が続いていて気になる
  • 何となくどこか、痛い・かゆい・不快だと感じる
  • 歯がぐらつく
  • 歯が伸びてきた
  • 歯の位置が移動してきた

こんな症状のあるかたは要注意です。

歯周病は最初、痛みを伴わずに進行していきます

ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。
といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。
歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。
歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。

歯周病の検査について

検査の必要性

検査は、病気の有無や進行度を調べるために行います。どのような状態であるかを調べることにより、治療方法や期間、治療費などの治療計画を作ることができます。

プロービング

プローブという先端に目盛りのついた器具を使用して歯と歯肉の間にできる溝(歯周ポケット)の深さを測ります。
1本の歯に対して1~6ヶ所を測定します。歯肉からの出血の有無などの歯肉の状態、歯の揺れや歯石がついているかなども調べます。

深さが3mm以内で出血がない状態が正常です。

口腔内写真

適切な診断をし、また治療前後の比較を患者さんと共有するために口腔内の写真を5~12枚撮影します。お口の中は自身で鏡を使って見てもなかなか状況を把握できませんが、撮影した写真を使用することで治療部位や方法、お口の中の状況をより分かりやすく把握していただくことができます。

レントゲン

歯周病のレントゲンの検査として、大きい写真を1枚撮影するパノラマX線写真と、小さい写真を10~14枚撮影する14(10)枚法X線写真の2種類があります。パノラマX線写真は全体を把握するのに有効ですが、詳細な情報が得られにくいです。14枚法X線写真は細かい情報が得られるため、当院では歯周病の検査において主に14枚法X線写真を使用しています。

歯周病の危険因子

以下は、代表的な歯周病の危険因子です。これらが当てはまる場合は通常より歯周病の進行が早くなります。例えば、タバコをたくさん吸っていて糖尿病がある場合は歯周病のリスクが10倍以上高くなります。

喫煙

タバコには有害物質が含まれます。ニコチンは血管を収縮させ歯肉の血行を悪化させ、一酸化炭素は歯周組織の酸素欠乏を引き起こします。そのため、歯周組織は栄養不足となり、抵抗力が低下するため歯周病を重症化させます。多重の喫煙は非喫煙者よりもリスクが4.75倍高くなり、これは歯周病の最大の危険因子とも言われています。また、自身はタバコを吸わなくても周りに喫煙者がいた場合は、副流煙によりリスクが1.57倍高くなります。

ストレス

ストレスによって体の抵抗力が弱くなったり、生活習慣が変化することで歯周病が悪化しやすい状態になります。

糖尿病

糖尿病になると全身の免疫力が低下し、歯周病が悪化するリスクが2.32倍高くなります。また、歯周病が進行して痛みが出たり歯を喪失したりすると、バランスのよい食事ができなくなり、糖尿病の食事療法を正しく進められなくなることがあります。このように、歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしますが、歯周病を改善すると、血糖コントロールが改善される可能性があります。

歯周病の治療と予防

プラークコントロール 歯垢を除去する

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は、細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。
プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。
正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なってまいります。
正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病の原因は、むし歯と同じく歯の表面に付着したバイオフィルムの中で繁殖する細菌です。バイオフィルムは唾液中の栄養と結びついて石のように固い物質になります。これが歯石です。歯石の表面の凹凸に細菌が付着しやすく、歯ブラシの先が届かない凹凸の中で繁殖した細菌が歯周病の原因になります。

そのため、バイオフィルムを破壊するだけではなく歯石の中の細菌も除去しなければ、歯周病の進行を止めることができません。

歯周病の原因となるバイオフィルムが増殖している場所は、歯と歯肉の間の歯周ポケットの中ですから、患者さんが歯ブラシしただけでは除去することはできません。

そのため歯周ポケットの中でバイオフィルムが歯石となって歯の根に付着するのです。

歯石となったバイオフィルムは強固に歯に付着しているため、スケーラーという専用の器具を使用して取り除くスケーリングをした後、歯の表面をツルツルに滑らかにしてバイオフィルムが付きにくくするルートプレーニングをおこなうことによって歯周病の進行のリスクを軽減することができます。

スケーリング

スケーリングとはスケーラー(あるいは超音波スケーラー)と呼ばれる金具を使って、歯肉縁上および歯肉縁下の歯面からプラーク(歯垢)、付着物、および歯石を除去することをいいます。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、スケーリング終了後に、歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去し歯根面を硬く滑沢な面に仕上げることをいいます。

ルート(歯根部)をプレーニング(平らに)することはとても重要であり、これがでこぼこのままだと歯根部のむし歯の原因になります。

歯周病が進んでしまった方のために

歯周外科とは

歯周病が進み、骨吸収が進んでしまった場合、一般的な器具では歯石がとれません。その場合、麻酔をしたうえで、炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとります。

根気良い治療が必要

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。

評価

歯周病治療は確認が必要

歯周病治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。評価とは、治療の効果を判定することです。基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかを診ていきます。

お口から健康へ