床矯正治療

抜歯をしない床矯正

IMG_0811

床矯正は抜歯をしないことが特徴ですが、もう1つの特徴としてブラケット矯正と違い痛みがとても少ない事があげられます。

上顎の場合はそれほど痛みは感じないと思いますが、まれに下顎の場合多少の痛みがある場合もあります。ワイヤーを装着するブラケット矯正と比較すれば痛みは非常に少ない治療方法です。

歯を抜かないで、きれいな歯並びを

矯正治療は歯を抜いて行うものと思っていませんか?

従来の矯正治療では歯を抜いた後に矯正を始めるケースが一般的でした。
でこぼこの歯並びを整える(矯正をする)には、歯を適切な場所に動かしてあげるスペースを確保する必要があるからです。 このような形の矯正では、左右上下で4本抜歯します。
しかし、顎を広げる床矯正では、歯を抜かないで矯正治療を行ないます。

例えば、お子様の矯正治療の場合、まだ顎の発育が期待されます。
歯を動かすスペースがあれば、健康な歯を抜かなくても矯正が可能です。
そこで子供のうちに顎に歯がはえそろうだけのスペースを確保し、正しい位置に大人の歯を誘導します。
当院では、なるべく患者の皆さまのお体に負担をかけないようにして歯を抜かない矯正治療を行います。

お母さん・お父さんへ

歯科では、咬み合わせの異常を「不正咬合」といいます。
不正咬合は、咬む機能がうまく働かないだけではなく、体や顔のゆがみの原因になったり、集中力が不足したり、性格など心理面に影響が出たりします。
おかしいな?と思われたらお子様を検査にお連れください。
※不正咬合の状態とアゴの骨や歯の大きさによって状況によっては抜歯することもあります。

矯正の目的

萎縮した顎を正しい大きさに拡大します
歯を正しい位置に動かします
後退している下顎を前方に誘導し移動します
舌などの悪習慣の是正をします

子供の床矯正のタイミング

まずは検査が必要です。
時期早尚の場合はしばらく様子を観ることをご提案します。
矯正治療を開始する時期は、その方の咬み合わせの状態によります。
特に永久歯が生えそろう小学生までの間に適切な治療を受けると、良い咬み合わせと歯並びを育てることができます。

大人の床矯正

大人の矯正は歯を抜かないと、きれいな歯並びにならない?
そんな疑問をお持ちの方も少なくないと思います。
まずは、検査においでください。
状況によっては歯を抜くこと無く矯正が可能な場合があります。

床矯正治療の流れ

  1. 奥歯を後方にずらして歯の移動スペースを確保します
  2. 歯列全体を拡大して移動させます
  3. 場合によっては数本の歯を薄く削ることで移動スペースを確保します
  4. 子供の場合は大人の歯が生え、歯列が完成したら終了です
    大人の場合は矯正治療終了後、歯は元の位置へ戻ろうとするので、後戻り防止の保定装置をセットします
    この期間が終われば終了です
  5. 以降は虫歯・歯周病予防を行ない、健康な歯を維持していく為にメンテナンスにおいでください

矯正装置

通常は上下で2つ必要になる場合が多いです。(症状によります)
装置は入れ歯によく似た装置で、子供でも簡単に取り扱いができます。
基本的には一方向しか移動できないので、顎を拡げる装置、歯を押し出す装置といくつかの装置を組み合わせて治療します。

毎日の歯磨き

装置は取りはずし式ですので通常の歯磨きができます。

床矯正は痛くありません

無痛です。違和感もほとんどありません。

顎の発達を促すには有効

IMG_5291

現代の子供たちが床矯正をやるのは顎が小さいからという理由と歯が大きいからという二つの要因が考えられます。

当院ではお子さんの患者さんが多く、床矯正を行う場合も多いのですが床矯正では大まかに治療しその後ブラケット矯正をに移行して治療する方もいらっしゃいます。

しかし床矯正だけで治療を完了する患者さんも約5割くらいいらっしゃいます。完全な改善でなくても親御さんが納得されれば無理に先に進める事はありません。

いきなりブラケット矯正を行うよりも、床矯正後に行う方が顎の発達を促すには有効(痛みや歯並びなどのメリットにもつながります)ですので治療前に親御さんに十分な説明の後に治療プランの決定をします。

適応年齢

あまり低年齢だと使いこなせない場合もあるので小3~小6までの間に使用する事をお勧めしています。

矯正期間の目安と期間中の予防指導

約3年で小3~小6までを1区切りと考えています。その後永久歯に問題がある場合、ブラケット矯正に移行します。

期間中はブラッシング指導や掃除に気を付けてお口の中の健康を継続的に維持できるようにしています。