テスト

口腔筋機能療法(MFT)

歯は骨と筋肉(頬や舌)で囲まれています。その筋肉がバランスよく機能していないと、装置で治療しても悪い歯ならびに戻ってしまいます。
正しいかみ合わせの機能を得るためには、悪い癖を治すことやトレーンニングが必要です。

歯並びが乱れる癖や習慣

子どもの身体は成長段階にあるため、柔軟で比較的小さな負荷でも歯並びやかみ合わせに悪影響を与えてしまいます。こうした悪影響を招く原因として、以下のものが挙げられます。

指しゃぶり

指しゃぶりは、指で上下のかみ合わせを悪くする状態になるほか、上の前歯を裏から押し続けることになるため、開咬や上顎前突を引き起こしやすくなります。

爪や唇をかむ

爪や唇をかむ癖は、歯や歯ぐきに大きな負担になります。不自然な顎の動きが習慣化して、顎関節に悪影響を及ぼします。

口呼吸

慢性的な鼻炎などで鼻がつまり口呼吸が習慣化すると、常に口が開いた状態になり、顔面の筋肉や骨格、かみ合わせに悪影響を及ぼします。

舌で歯を押す

常に舌で前歯を押し出したり、食べ物を飲み込むときに舌を出したりする癖を舌癖と言います。舌癖は前歯の歯並びに悪影響を及ぼします。

片側だけでかむ

食べ物をかむ歯が片方に偏っていると、顔の歪みや変形を引き起こすことがあります。

頬杖をつく

頬杖は、人間の身体の中でも最も重い頭部を顎で支える行為。重みが一点に集中することで、顎が変形してしまうことがあります。

*引用:日本口腔筋機能療法学会HPより

癖の改善も重要

小さなお子様は、指しゃぶりなど生活の中での癖が、知らず知らず咬み合わせに影響を及ぼすこともあります。こういった癖の指摘や改善も子供の矯正の大事なポイントです。

マウスピース矯正

プレオルソ

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法とは?

永久歯に生え変わってからでは、1つ1つの歯に固定式の矯正装置をつけてワイヤーで歯を並べる、いわゆる「本格矯正」になりますが、小児(10歳ごろまで)の骨の柔らかい時期に始めることで効果が出やすい矯正方法です。80年以上も前から使われつづけている「機能的顎矯正装置」を新素材のマウスピースに改良した矯正方法です。

マウスピース式なのでお子さんも嫌がりません

固定式の装置は、患者さんによって痛みがでると言われていますが、取り外すことのできるマウスピース式は一般的に痛みが少ないと言われており、痛みがあれば自分で口の中から外すことができます。また、学校に行くときは家に置いていくので、見た目が気にならず、歯磨きの邪魔にならないことも安心です。

お子さんのこんな事で悩んでいませんか?

  • 歯ならび
  • 口呼吸
  • かみ合わせ
  • お口ポカン

「プレオルソ」は、取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。

こんな治療効果が期待できます

  1. 歯ならびの改善
  2. 受け口や出っ歯の改善
  3. 咬み合わせの改善
  4. 口呼吸を鼻呼吸へ
  5. お口ポカンの改善
  6. 発音や飲み込みかたの改善

プレオルソは「咬みあわせ」と「歯ならび」を改善すると同時に、機能的な側面「口呼吸から鼻呼吸へ」を非常に重要と考えています。プレオルソを使って行う独特な機能的トレーニング法は、この「口呼吸から鼻呼吸へ」の改善を促します。 この改善がお子さんの歯ならびだけでなく成長・発育にもとても大切だと考えています。

小児の大事な時期こそ「プレオルソ」

10歳ぐらいまでの骨の柔らかい時期に使うことで、大きな効果を期待できる治療方法です。「家にいるとき」と「寝ているとき」にだけプレオルソを装着するため、お子さまでも無理なく始められます。

いろいろなタイプの歯ならびを改善できます

出っ歯

横から見た時に上の歯が出ている

受け口

横から見た時に下の歯が出ている

叢生・乱ぐい歯

顎が小さく歯ならびが凸凹

開咬

奥歯はかむけど前歯が閉じない

深いかみ合わせ

上の歯が下の歯に覆いかぶさっている

プレオルソの使い方

ご自宅での使い方

日中:
できるだけ長い時間装置を入れて過ごします。このとき、基本はお口を閉じるようにしますが、もちろんおしゃべりをしても問題ありません。
就寝時:
装置を入れたまま、お休みください。

トレーニングを併用することでさらに治療効果が高まります

  • 舌・口元のトレーニング
  • 発音のトレーニング
  • 水を飲み込むトレーニング

不正咬合の改善

受け口(反対咬合)を改善する装置ムーシールド

ムーシールドは乳歯列期に受け口(反対咬合)を改善するための装置です。
乳歯列期に治療を行う事で顎の骨の正常な成長発育の促進及び、永久歯の正しいはえ変わりを期待します。
就寝時に装着する事で舌や口腔周囲筋の状態が整えられ、受け口(反対咬合)が改善されます。

不正な筋機能を改善

受け口(反対咬合)は遺伝的要因の他に筋機能上の問題が考えられます。
ムーシールドは受け口(反対咬合)の要因となっている不正な筋機能を正常な状態に改善する事で歯列を整えます。
主な筋機能上の問題点は下記の3つです。

1.きつい上口唇圧(癖)

ムーシールドを装着することで、上唇と上前歯の間にシールドが介在し、歯へは直接上口唇圧が加わらなくなります。

2.低位で機能する舌(習慣性、鼻咽腔疾患)

ムーシールドを装着することで、舌がパッドの上に挙がるので下前歯を内側から押さないようになります。また同時に舌が上前歯を内側から押すようになります。

3.オトガイ筋の負の圧

ムーシールドを装着した状態で、口を閉じる練習をすることで改善します。

ご両親へ

当院では、たとえ低学年のお子さんであっても、本人が希望しない限り治療を行いません。お子さんにもできるだけわかりやすく説明し、自分がどのような状況にあるかを理解していただく努力をいたします。
お子さんの将来のためにも、不具合に少しでも気付かれた場合は、遠慮なくご相談ください。