インプラントQ&A対談

~インプラント後のメンテナンスが重要~

IMG_5251

インプラントを臨床に取り入れてからどれくらい経ちますか?

青柳
開業してから行っていますので10年以上になりますね。

当時のインプラントと現在のインプラントではどのような点が違いますか?

青柳
昔と比較すると材質の表面が改良されていますので生体親和性が高くなっていますね。以前のものはインプラント周囲炎に関してあまり対策がとられていなかったものが多かったのですが、最近のものに関してはインプラント周囲炎に強い物がでてきていますので、当院ではなるべくそういったものを使用しております。
IMG_5251

よくインプラント周囲炎という言葉を耳にするのですが、簡単に言うとインプラントの歯周病のことですよね?

青柳
そうですね。

天然歯と比較してインプラントは歯周病に弱いと思うのですが、インプラント埋入後は定期的なメンテナンスで維持していくという考え方ですか?

青柳
そうですね。やはり入れっぱなしにしておくと色々なリスクが大きくなってきます。定期的な検査で問題が見つかれば早い段階で処置が行えますので、大きな問題にはならないと思います。その点は定期検診でカバーしていきたいと思っています。

~難しい処置にも適切に対応~

インプラントによる腫れや痛みはどのようなものですか?

青柳
先生個々の技術にもよると思うのですが、外科的な処置ですので多少の腫れや痛みというものはあるかと思います。それをなるべく抑えるため治療後に消毒にきていただいたり、腫れや痛み止めに対応した飲み薬も出しておりますので、長い間痛みが続くということはないと思います。

インプラントの手術には1回法と2回法とあると思うのですが、青柳先生はどちらをなさるのでしょうか?

青柳
今までは2回法をよくやってきました。1回法、2回法は適用部位によって可能、不適切、不可能があります。可能であれば1回法でやるようにはしているのですが、骨の残存が少なく厳しいケースでは2回法を行います。

骨量が足りない方にはどのような方法で行うのでしょうか?

青柳
上の歯の場合には底を突きぬけてしまうことがありますので、ソケットリフトを使った治療法をしていきます。下の歯の場合は人口骨を使用することでほとんどの場合対応できると思っています。

骨をつくるというのは具体的にどのようなことですか?充填材を使用するのでしょうか?

青柳
人工骨はβ-TCPという材料とカルシタイトというアパタイト系のものを混ぜて使用しています。そうすることで骨の再生にもいいですし、骨が吸収してきた時にアパタイトのようなしっかりとした材料がないと骨が痩せてきてしまいますので、混ぜることで骨のボリュームを充分出すことができます。

他医院でインプラント治療が難しいと言われた方でも、青柳先生のところで一度診断してもらうということは可能なのでしょうか?

青柳
そうですね。来ていただければ無料で診断することは可能ですので、ぜひお越しください。

骨量の足りない方が人工骨を充填し骨のボリュームを増やしインプラントをやる場合、実際に噛めるようになるのにどの位の時間がかかるのでしょうか?例えば中高年の男性の方の下顎の6番で骨量が足りない場合ではどうですか?

青柳
そういった場合でも色々あるのですが、骨がなくてもインプラントを入れた時にしっかりと硬い骨が一部分でも残っていれば、3ヵ月位でいれることができると思います。もう骨がなく入れてもグラグラの状態ですと、半年以上は日にちを頂かないと歯を入れることはできないと思います。

骨が安定しないことにはできないのですね。また費用はどの位かかるのでしょうか?

青柳
基本的に当院では1本30万円でやっています(ブリッジは除く)。人工骨を使用したり、色々な手技を使った場合でも値段が変わることはありません。単純に埋入した本数分の費用が掛ると思っていただいて間違いないと思います。

~インプラント義歯も対応~

良心的ですね。インプラントを使用した入れ歯についてもお聞かせください。

青柳
あまり要望がなかったため今までやっていなかったのですが、インプラントに磁石を付けた入れ歯を今後増やしていきたいと思います。なぜかというと普通のインプラントよりも安い値段でできるからです。入れ歯とインプラント込みで片顎60万円でやっております。またインプラントも4本いれておりますのでリーズナブルになっております。

なんというインプラントですか?

青柳
ミニインプラントといいます。

インプラントの被せ物は何をお使いになっていますか?

青柳
ジルコニアを使用しています。

審美性にもこだわっているということですね。

青柳
そうですね。審美性に加え強度的にも安心できます。

骨の問題意外にインプラントのオペをするのにこういう方は難しいというケースをお聞かせください。

青柳
やはり歯周病はある程度治ってからの方が確実だと思います。できなくはないのですがヘビースモーカー、糖尿病の方はよく考えてからやるようにした方が良いかもしれないですね。

~天然歯と咬合も大切に考えて~

一般的には30~40代の女性で一本だけ欠損しているという場合はおすすめですね。

青柳
そうですね。一本だけ欠損している場合インプラントはおすすめですね。インプラント自体にも他の歯を守るという役割があると思います。一本抜けて放っておいたら他の歯にも影響してしまい連鎖的に抜歯になるケースというのがありますので、それを食い止めるためにブリッジや入れ歯にしないほうが、後々の歯のためには良いと思います。

1本抜けたままでいる人も多いかと思われますが、先生が仰ることの意味は咬合が崩壊してしまう等の理由でしょうか?

青柳
そうですね。

ブリッジ等を勧めないというのは天然歯に負担がかかるからですか?

青柳
そうですね。必ず勧めないということではなく、比較するとインプラントの方が優れているかと思われます。

~安心できる十分な経験~

IMG_5289

青柳先生は小児の教室に残っていたとお伺いしたのですが、インプラントをやるにあたりどのような研修を受けたのでしょうか?

青柳
研修はですね。インプラント臨床研究会というのと日本歯科先端技術研究会で100時間コースというものが両方ともあり、計2年間に渡って研修を受けました。

先生のお話を聞いてインプラントに対する怖さや痛みというのは過去のことで、そんなに心配することはないようですね。

青柳
その時々のケースによるとは思いますが、そうですね。

手術時間はどれくらいかかりますか?

青柳
私は時間をかける方なので1本の埋入で2時間位でしょうか。

本日はどうもありがとうございました。