一般歯科

成人歯科、高齢者歯科

登戸こども&おとな歯科を小児歯科専門医院だと思われている方もいるとは思いますが、当歯科医院は、成人に対する治療や高齢者に対する治療も重視しております。
また予防歯科が重要だといっても治療が必要な歯も当然あります。
そのような歯を放っておくと当然むし歯や歯周病などが進行して少しで済むはずだった治療が大掛かりになったり、ぐらぐらになって、痛みが発生して治療の施しようがなくなり抜歯せざるを得なくなる場合もあります。
このようにならないように、治療が必要だと考えられる場合は、しっかりとした治療を施す必要があります。

むし歯治療

むし歯の進行


C1の状態で治療すればほとんど痛みもなく少ない回数で治療を終えることができます。

削る量を最小限におさえる

むし歯治療というと、イメージするのはドリルの嫌な音やきれいに磨かれた銀歯という方も少なくはないのではないでしょうか。現在は材料の進化により、このような古めかしいイメージのむし歯治療は、過去のものとなり、その考え方を大きく方向転換しています。現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=ミニマム・インタベンション 削る量を最小限に抑える)という大原則があります。

むし歯のコントロール

boy.gif 現在ではむし歯の原因がほとんど解明されています。むし歯になる原因を知り、患者さんと歯科診療所が協力することで、むし歯をコントロールすることが可能となっています。むし歯になる前に是非一度、お口の中を正確に検査をすることをおすすめしています。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

むし歯の部分のみを削る

詰め物の接着性の向上から、ムダに健全な部分を削る必要はなくなりました。むし歯の部分のみを削り、詰めるということが可能になったため、より歯にやさしい治療ができるようになりました。当歯科医院でも歯を削る量は最小限に留めております。

再石灰化

むし歯も程度によっては、再石灰化し自然に治ることが言われるようになりました。初期むし歯は、あえて削ることなく、ブラッシングやフッ化物の塗布などを行ないながら、経過を見ていきます。

規則正しい食生活

食事をコントロールしてむし歯予防

食事の回数が多いと、口腔内が酸性に傾き歯を溶かしていきます。これを脱灰といいむし歯の原因につながります。

ステファン曲線
  1. 決まった時間に規則正しく食事をとり、できるだけ間食をしない。
  2. ダラダラと長時間食べず、短時間で済ませる。
  3. 就寝中は唾液の量が少なくなるので、寝る前は何も食べないようにする。
  4. 歯磨きは食事後30分以内に行う。

詰め物・被せもの

詰め物・被せもの

一般的に良く行われる治療です。基本的には全て詰め物・被せものは保険適応となります。
しかし、白い詰め物・被せものをご希望のときに、むし歯の大きさや部位によっては保険適応外になる時があります。また、より質が高く、詰め物・被せものだとわからないようなものをご希望の時も保険適応外となります。ご希望の場合はご相談ください。

義歯・入れ歯はもっと快適

合わない「入れ歯」「差し歯」、あきらめていませんか?

合わない「入れ歯」や「差し歯」を使っていると、食べ物がきちんと噛めないため、どうしても柔らかいものを選んで食べる食習慣になりがちです。そのため、顎の力が弱くなったり、栄養が偏り気味になりなったりして体力も落ちていく傾向があります。
「入れ歯」が当たって痛かったり、「差し歯」の間に食べ物が挟まったりして、イライラして毎日を過ごしていませんか?
過去の経験から、「入れ歯」や「差し歯」はこんなものだとあきらめていませんか?
歯科材料の開発や技術の進歩により、現在は様々な「入れ歯」や「差し歯」があります。
きっと貴方のお口に合う「入れ歯」や「差し歯」があります。あきらめないで当院にご相談ください。

合わない「入れ歯」と「差し歯」チェックポイント

「入れ歯」や「差し歯」はこんなものだと諦めてしまっている方が多いため、自分の歯で噛んでいた元の状態がわからなくなってしまっている方が多いのには、驚きを覚えます。
そんな方のために、合わない入れ歯の7つのチェツクポイント

  • 柔らかな食材を噛んでいると入れ歯が浮く感じがする
  • 大きく口を開けると、入れ歯が落ちそうになる
  • 話しをする時、舌が入れ歯や差し歯に引っかかる
  • 入れ歯を洗う時、入れ歯の裏側に食べ物のカスがたくさん付いている、食べ物が差し歯に挟まる
  • 入れ歯や差し歯の周辺の粘膜がはれる
  • 噛むたびに、顎がカクン、コキンと音がする
  • 口を大きく開けても、3本タテに並べた指が入らない

義歯

入れ歯は、歯を失ってしまった方のための最も一般的な治療法です。たとえ歯を失ってしまっても、食事をする楽しみを失ってほしくない。お友達との会話を楽しんでほしい。そんな気持ちで、我々歯科医療者は入れ歯をつくります。より快適にお使いいただけるよう、精密な入れ歯を作製いたします。

入れ歯の必要性

歯を失った場合、なるべく早めに入れ歯をいれる必要があります。入れ歯をしていなかったり、入れ歯の調子が悪かったりすると、顎の骨まで退縮してしまいます。見た目にも、入れ歯は大きくな影響を持ちます。入れ歯をいれることで、唇が張り、若々しくなります。
最近は、脳にも良い影響があると言われています。記憶や認知などに、入れ歯の有無は影響するようです。

保険でつくれるピンクの入れ歯 レジン床

reg.jpg

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)でつくられた一般的な入れ歯です。
保険でつくれ、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感やあたるところなどがでてきます。
レジン床の入れ歯は、修理・改良が簡単にできますので、こういったトラブルにも迅速に対応できます。

金属床義歯

ki.jpg

全体的に仕上がりが薄くなり、金属の補強が得られます。そのため、通常の入れ歯よりも強度に優れ、違和感が少なくなり、安定も得られると言えます。
普通の保険の義歯では違和感が出てしまう場合や、安定が不十分な場合におすすめします。ただし、保険外治療となります。ご希望の場合はご相談ください。


問診表(おとな)