当院の根の治療について

不幸にしてむし歯が大きくて神経までやられている場合、あるいは以前やったところに膿が溜まってきた場合、根の治療が必要になります。根の治療が終わると補強して最終的には被せ物(差し歯)にするわけですが、根の治療が上手くされていないと後になって痛みが出たり腫れてきたり、ぐらついてくることがあります。当院ではニッケルチタンファイルやオブチュレーションシステムなど最新のテクニックを用いて治療をしております。このシステムにしてから根の治療の不具合が大幅に減って患者様に安心して被せ物を入れられるようになりました。他院で神経をとったところが何故か痛いなど不具合がある場合にも当院で治せる可能性がありますのでぜひ治療にいらしてください。

登戸こども&おとな歯科

青柳 潔